家族のお酒で困っている方へ

「アルコール依存症」は、お酒を飲んでいる本人の個人的な病気と思いがちです。
果たしてそうでしょうか?
自分のやりたいことは二の次で、一日中依存症者のお酒のことで頭がいっぱいになっている状態を健康といえるでしょうか?
依存者の暴力におびえ、お酒をやめさせることばかり考え、胃を痛くし、不眠に陥っていませんか?
相手を、自分の意のままにコントロールしようとすることばかりに、とらわれていませんか?

依存者との、そういった関係を「共依存」と呼び、病的な関係と捉えられています。
アルコール依存者は、飲酒者本人の個人的な病気と捉えず、病気として捉えたほうが、治療の結果はうまくいくことが多いようです。

 「イネイブラー」という言葉を聞いたことがありますか?
可能にする人、助力者という意味ですが、共依存関係にある家族は、イネイブラーとなっていることが多いようです。
簡単に言うと、依存症者が飲み続けることを可能にするような行動をとったり・言葉を投げかけている状態のことです。
心の底から、お酒をやめてほしいと思ってとった行動も、実はかえってお酒を飲ませ続ける結果に陥ってしまうのです。

あなたはイネイブラーになっていませんか?

次にイネイブラーのとる行動の例をあげておきます。
 ・お酒がないと言って、荒れている依存症者を静めるためにお酒を買ってきてしまう。
 ・酔ってご近所に迷惑をかけたのに、本人に代わって謝ってしまう。
 ・二日酔いで欠勤するのに、本人に代わって「風邪で・・・」と、勤め先に電話してしまう。
 ・酔って暴れてものを壊したり、汚したりしたのに後片付けをしてあげる。

本人の取るべき責任の肩代わりをしてしまうことが多いですね。
まじめで責任感の強い人が陥りやすい罠です。

また、ことあるごとに、お酒が原因だと依存症者の非を、認めさせようとする言動も本人に刺激を与えて、さらに飲ませてしまうこともあります。
 ・「こうなったのは、あなたのお酒のせいよ」と、罪悪感を植えつける
 ・その気もないのに、「次に飲んだら離婚するよ」と、脅す
 ・無理やり病院へ連れて行こうとする
 ・家中の酒を流し場に捨てる
 ・隠してあるお酒を探そうとする...etc

では、飲み続ける依存症者に、どのような対応をしたらいいのでしょうか?

 ・お酒にまつわるすべてのことに、タッチしないということ
 ・お酒で犯した不始末は、すべて依存症者の責任で処理させること

たとえば、酔いつぶれて警察のお世話になったとしたら・・・
迎えに行ってあげなくても、酔いが覚めれば、警察は開放してくれます。
そのとき本人は、警察の方や迷惑をかけた人に心の底から謝ることでしょう。
迎えに行って、あなたが謝ってあげなくても、本人の口から謝罪の言葉が出てくると思います。
「本人が謝罪をして、責任を取る自由」を奪わないことが肝心と、考えてあげればいいと思います。

それともう一つ大事なことは、
依存症者本人を病院に連れて行くことは難しいことですが、家族のあなたが病院へ、保健所へ、断酒会へ相談に行くことはできるはずです。
最初にも書きましたが、アルコールを飲み続けている本人はもちろん病気なのかも知れません。
そして、あなた自身も依存症者と共依存という、病的な関係で苦しんでいるのではありませんか?
お酒を飲み続ける本人は放っておいて、あなた自身が楽になることを考えて下さい。
病院へ行けば、アルコール依存症に関する勉強会や、家族の方のミーティングを開いているところもあります。
断酒会の例会にも、家族の方が出席して、いろんな話をしてくれます。
自分が、何で苦しんでいるのか、苦しみの正体は何なのか・・・
それがわかっただけでも楽になれるはずです。

あなたが楽になれば、依存症者との関係が変わるかもしれません。
依存症者との関係が変われば、依存症者本人も変わるかもしれません。


リハビリ・就労支援施設

NPO法人 宮城県断酒会

〒980-0821
宮城県仙台市青葉区春日町4-1

TEL. 022-214-1870
FAX. 022-738-7181
Mail.miyagidansyu@yahoo.co.jp